昨今

アクセスカウンタ

zoom RSS やはりJの悪影響か?

<<   作成日時 : 2010/03/07 21:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

午後から3種の県トップリーグを観戦。いやな場面を見た某チームのDFが観客の中からも「えげつな〜」と声が出る位のファウルでイエローカードが出された。その直後今度はその選手がファウルを受け、レフリーはFKを与えたが、それでおさまらず主審にカードを出すよう要求している仕草が見えた。「あれはイカン!」と思いつ15年前3種に頼まれ主審をした時の事が浮かんできた。試合中ファウルの判定を下してる後ろで「このオッサン、どこを見とるんや!」が聞こえ、その声の主に即座にレッドカードを出した。皆驚いた。出された中学校チームの監督は当然の如く異議・抗議である。その時我ながら冷静に毅然と状況説明をし「ルールブックを再確認してください。あれは最も顕著な審判侮辱行為にあたり、即退場は当然です。異議は県審判部に申し出て下さい。私も報告書をあげておきます。一つだけ申し上げるなら部活も教育の一環と心得ますが如何でしょう」旨伝えました。後日先生と生徒が詫びに来られました。その時その選手に「良い先生に出会ったな〜」だけでしたが、先生は阿吽の呼吸で意味が解ってくれた事が嬉しかったです。今彼は指導者になり、ルール、マナーには厳しいです。今日の試合の出来事はTVで放映のJの試合でよくみる場面ですが絶対まねて欲しくないですね。格好悪いんだよ!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
FWさん、お早うございます。
スポーツは最もルールを尊重しフェアー精神の元、純粋に技を競う世界だと思いますが、最近はそうでもないのでしようか。ショービジネスとしてのプロスポーツと学校教育の延長のスポーツではおのずと異なる側面があるように思いますが、その辺り子供達に教える事も必要じゃないのでしょうか。
また先日来の前代未聞の学習院問題など、昨今の日本の教育現場はちゃんと機能しているのでしょうか。たまたま「学校の先生が国を滅ぼす」(一止羊大著)を読み始め唖然としているところです。著者が本名で書いていないので、半分割り引いても相当ひどい状況かなと、そして現政権は、そんな日教組の全面的後押しを受けているのです。
そんな日本、国家財政も含め将来とも大丈夫なのでしょうか。
杜のつぶやき
2010/03/08 09:10
私は教育の低堕落は日教組であるが昔からの持論でしたが、現在は夫婦でモンスターピアレンツの現状を見聞きし、一概に日教組だけではなさそうですね。日教組も加盟者が激変ですね。一線が引けなくなったのが現状だと思っています。いつの間にか日教組も連合も親の或いは働く人々の顔をみながら自分たちの都合の良いように権利の主張が強く見えて仕方ないですね。いつの間にか人間教育の基本である権利と義務の関係を伝える世で無くなって来ているのしょうかね。現政権には正直失望しています。マニフェストと名前は変えましたが何も改善されないどころか今朝の新聞にも掲載されていたように後期高齢者の保険料がアップしたように結局弱者へのしわよせは前政権と変わりませんね。気前よく手当や助成をする反面確実にとれる年期受給者がターゲットになるように思えてしょうがないですね。今のままでは国の方向性は見えませんね。
FW
2010/03/08 10:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
やはりJの悪影響か? 昨今/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる